アルビレオの 雑記帳

鴻之舞鉱山 その4

道を進んで行くと、廃墟が点在していた

e0006135_20574092.jpg


e0006135_20554461.jpg
精錬所の跡だろうか

往時は無かったであろう、木々に囲まれていた

陽はまだ高いのに、陽の陰った斜面に点在する廃墟


ふと、木立の間から、誰かがこちらを、じっと見ている気配を感じた


なんだか、まずいな と言う切迫した不安感が湧いてきて

上って来た道を、早々に降りた

降りて、車に乗り込み引き返す途中、着けていたフィルターを落とした事に気がついたが

あの場所に、もう一度、引き返してもらう気にはなれなかった

高価なUV IR フィルターなのだが


M8 タンバール
by thejetmole | 2009-05-27 21:30 | Thambar 9cm | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://rolleiflex.exblog.jp/tb/10321122
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。