アルビレオの 雑記帳

費用対効果

趣味の世界で、それを考えるのも無粋なのだが

昨年買ったレンズの中で、考えてみると Kinoptikの18mmが1番かな

イメージサークルから言えば、使用ボディはR-D1に限られるし
距離計連動しないばかりか、ピントリングと絞りリングが一緒で
グッと勢い良くピントリングを回すと、絞りまでもが絞られてしまう
そっと ピントリングを回さないと  それも、レンズを前から見ながら

さらに、被写界深度スケールもないし 距離指標も無い  かなりオバカ
中間距離は リングを回す時の感じで覚えるしかない

でも写りは 開放で滲み ちょっと絞ればシャープ 色のりも濃い

e0006135_2334580.jpg
R-D1 KINOPTIK PARIS 18mm f2.0

2番目は 35mm球面ズミルックスかな
こいつは以前持っていて あまりの「ひどさ」に手放したのだが 
今では、その「ひどさ」が魅力に変わっている
 R-D1を手に入れてから真っ先に買ったレンズ
滲み系が好きで、色々手を出してみるが 費用対効果でこのレンズを超える物はなさそう
(上のキノは、費用対効果に優れるが 如何せん、入手困難)

ズノー(5cmや3.5cm)は、これに匹敵する滲み系だが、費用対効果のバランスがいまいち

軽い滲みと立体感なら
ズミルックス50mm(初期164万番台)とフジノン5cm ノクトン50mm(オリジナル)かな と
呑みながら 考えてみる

沼の底は まだまだ見えない

怖いなー

さあ明日から仕事だー

レンズの費用を稼いでくるぞ!!!  って

1月1日の目標(これ以上 レンズを増やさない) 早くも崩れる??
by thejetmole | 2007-01-03 23:35 | Kinoptik Paris 18mm | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://rolleiflex.exblog.jp/tb/4841543
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by farfarsideK at 2007-01-04 12:17
明けましておめでとうございます。今年も一緒にレンジを沢山楽しみましょうね!これから春先にかけて、おそらく新商品ラッシュですね。どんなカメラが出てくるか楽しみです。今の所、レンジdigitalはR-D1で凄く満足していますが、R-D1がさらにシャッタースピードがもっと早く切れるようになったらいいのですけどね。
Commented by thejetmole at 2007-01-04 22:52
farfarsideKさんへ
イコンベースで巻き上げ式のR-D2なんか出てくれたら嬉しいのですよね
すぐ ぽちっ としますが
今年はフィルムの割合が増えそうです
KR販売中止の知らせの後、つい大量に頼んでしまったので・・・
年内に使い切らないと、発売当初の様に現像はアメリカ送りになってしまいます
R-D1等でオートに慣れてしまったので 撮影ペースがかなり落ちそうです
それにしても今年あたりに後継機が出ないと 期待薄の様な気がします
R-D1s の s が saigo の頭文字の s にならない事を祈るばかりです