アルビレオの 雑記帳

カテゴリ:Zunow 3.5cm f1.7( 12 )

9月の風

ハンドルを握り、夜の海岸国道を走っていると、曲が流れてきた


次第に大雨、曲も掻き消され、ワイパーの音が無機質に繰り返された夜


やがて晴れ上がり、車を降り、見上げると済んだ空に、月一人

海岸国道から見下ろす水面には、きらめき揺れる月の声

そっと抱き寄せれば、月の香り


そんなナイトドライブに流れる、松岡直也の






思い出す、20年以上前

大学一年の時、まだ高校3年だったpre彼女(家内じゃないです・・・)とナイトドライブした夜の記憶

カセットテープから流れてきた「9月の風」

そんな記憶も思い出させる EVENING TIDE




e0006135_0514390.jpg


M8 Zunow 3.5cm f1.7
by thejetmole | 2011-09-26 00:49 | Zunow 3.5cm f1.7 | Trackback | Comments(10)

修学旅行カメラ

次男と

「おい@@ カメラ持って行っていいのか?」

「いいって」

「そうか、お父さんのカメラ、持って行って良いのを出しておくから、持って行って良いぞ」

選んで並べた コニカRF ライカフレックス コンタックスS2 キャノンnewF1 R-D1s GF1

それぞれの使い方を訓えながら

「スキーだったな?」

「新潟でスキー」

「スキーか~  防水やな・・・」

持っている防水カメラ・・・ 露天風呂カメラしかないやん(ニコノス)


「デジタルでも良いのか?」

「みんな、たぶんデジカメと思う」

「・・・そうか  フィルムカメラでもいいぞ フィルム、いくらでも持っていって良いぞ」

「知らんかもしれんけど、デジタルデータ程脆いものは無いぞ 一瞬にしてパーやから」 

「さっきのフィルムは?」

「買ってもらった、デジカメ有るから、それを持っていこうと思う」

見せてもった

「これ、水や雪、結露で 回路がパーになるかも」


「防水デジカメ 買いに行こうか?」



e0006135_3391033.jpg


いいなー修学旅行

気になるあの娘 ドキドキしながらカショカショした、自分の修学旅行を思い出した




M3 ズノー35mm f1.7
by thejetmole | 2010-01-14 00:45 | Zunow 3.5cm f1.7 | Trackback | Comments(6)

島影

e0006135_073830.jpg


 島影を、かわりに見てきてくれた人がいる


楽しみに、待っています



Rebun Island , Hokkaido Japan

M8 Zunow 3.5cm
by thejetmole | 2009-09-26 00:05 | Zunow 3.5cm f1.7 | Trackback | Comments(4)

月面スナップ

e0006135_08507.jpg

小さなクレーターの内側

辺縁まで行って

みたい


M8 Zunow 3.5cm
by thejetmole | 2009-06-22 00:15 | Zunow 3.5cm f1.7 | Trackback | Comments(2)

すてきなへんかん

最近パソコンを変えた

素敵な返還 と変換される

北方領土の事だろうか?


そして今日知った 新しいレンズの発売

piclabさんの所で

のくとん50mm 1.1 だそうだ

退く豚 と、変換される 

とてもタイムリーで、素敵だ

Office IME 2007

そこで、ウブいうちにと、いろいろ試してみる

の口ルックス

ずミクロン

タンバール キノプティック ぷらなー ぞなー ロー来フレックス アストロベルリン ずノー

ビオゴン ヘクトール ズマール ズミルックス 富士のン ヘキサー 理家のン とりプレっと

ヘリあー 発せるブラッド エルマー 二個の巣 隋こー ディス他言 ぞなー ズマリット

ヤシ科 ヤシのン ヤシ科フレックス 炊くマー 理コレット コンタックス かーるつアイス

スーパーあんぎゅ論 エムは知 エム録 エムさん ライカ ライカフレックス


退く豚 なかなかイイ

Office IME 2007

全て、まともに変換される日も近いのだろうな、このパソコン

ああ ちょっと お気の毒な、このパソコン

e0006135_23433035.jpg
(写真と文章にはなんら関係が御座いません) 

ふと気付く 最近レンズ買ってないな

ここ数カ月買っていない


M8 Zunow 3.5cm f1.7




それにしても、退く豚のレンズの被せフード 気になる

フジノン5cm f1.2に良いかもしれない

50mmレンズで、一番気に入っているレンズだけど

純正のフードが手に入らないから 色々試してみる

M8で良くても、フィルムでケラレる

なかなか、丁度のフードが無い

日本のフジノン 

好きだから、二本のフジノンになったが、1本にしようと

鏡胴の擦れた1本を有楽町の地下の店に持って行って

ひょっとこズマールの下取り?にしようと思ったが

「うちでは、扱えません 外観が悪いですから」と言われた事がある

ムッとした

だから、綺麗な方はスペアにして、売らない事にした

e0006135_04915.jpg

by thejetmole | 2009-05-21 23:50 | Zunow 3.5cm f1.7 | Trackback | Comments(6)

帰ってきたんだな


e0006135_22461852.jpg
一眠りして、デッキに出ると島影が映っていた

ああ、帰ってきたんだな と


ライカM8 ズノー35mm
by thejetmole | 2008-09-13 22:40 | Zunow 3.5cm f1.7 | Trackback | Comments(2)

牧野植物園にて

e0006135_5282053.jpg


R-D1 ZUNOW 3.5cm f1.7
by thejetmole | 2008-08-31 05:27 | Zunow 3.5cm f1.7 | Trackback | Comments(2)

香り道

仕事を終えて外に出た

今夜はおぼろ月夜になりそうだ

車のドアを開け乗り込んで、しばらく走ると山間に入る 

窓を開けると、柔らかな香りがスーッと入ってきた


そう、この春先の あの香りだ

柔らかで、湿り気を含み、甘く、そして優しく力の有る香りだ

土の香りか、山の香りか、木の香りか

何の香りかは解らないけれど、木蓮の様な、でも、もっと丸くて、柔らかな香りだ


たった数日の、その香り

この時期の香りが、とても好きだ


菜種梅雨前の山の香り

柔らかで、くすぐったくなる様な、あの香り


そんな香りを感じながら車を走らせ、海に出る

遠く伸びる海岸線を走っていると、その香りもだんだん薄らいで

海からの潮風に変わってくる

春先の強くない磯の香りに包まれて、海を横に見ながらの直線道路を帰路につく


この時期の帰り道

とても好きな、香り道


e0006135_23365344.jpg
R-D1s ズノー3.5cm
by thejetmole | 2008-03-18 23:15 | Zunow 3.5cm f1.7 | Trackback | Comments(14)

あんぽんたんな でんわ (その1)

むかしむかし そのまた むかし


「 ・ ・ ・ ・ ・ 」

「@@様のお宅でしょうか?」

「ええ、そうですけど」

「@月@日に、宿泊の御予約を頂いた @@@の@@と申します」

「 ・ ・ ・ あっ はい」

「当日はどのようにして来られますか?」

「ひこうきで・・・」

「では、@@時着の@@@ですね」

「はい」

「お迎えに参りましょうか?」


「いえ いいです」


そう言う、肝が冷える電話を、直接 自宅に掛けてくる宿の 女将は


 あんぽんたん かな



e0006135_22423933.jpg
R-D1s ZUNOW 3.5cm f1.7 写真クリックで拡大


写真と本文は、全く関係ありません

あくまで、妄想です

はい
by thejetmole | 2007-05-07 22:47 | Zunow 3.5cm f1.7 | Trackback | Comments(14)

書物の博覧を要す 書を友とすべし

レンズテストも兼ねての植物園散策

レンズは絞り開放で使ってみて、その特性があらわになると思う
先日手に入れた、ズノー35mmを使ってみる事が今回のメインだったが
展示物や解説を読んでいると、研究者としての心構えが書かれていた
一時期、研究に専念した頃があり、読んでいて頷かされる事が多かった

書物の博覧を要す 書を友とすべし

 御意

現在、膨大な数の本が部屋にあるが(本のビルが何本も建っている状態・・ 一見汚い)
一通り目を通しているため、@@に関しては 確か@@にあったなーと
 ゴソゴソ引っ張り出しては、目を通す (ビルが崩れる事もあり)
ネットでは、詳しくは出ていない(著作権の関係で)

更に、書は友であって 全ては正しいと思ってはいけない
 これも、まさにその通り  
小学生の頃は、教科書自体の間違を幾つも見つけ、先生に教えるのが楽しみだったし
後日の研究自体、それに通じる事が多い

写真と関係無い事の様に思えるが、この通りの事が多い 仕事でも当てはまる

レンズの描写に関して、色々な本が出ているが 作例は絞りを絞って撮っている事が多く
真の事が解らない記事が多い

こうなると、そのレンズの1つの側面しか見ておらず 真相はレンズを手に入れて
実際に写して、自分の目で確かめるのが1番 (開放での描写が、一番癖が解る)
ただし全てのレンズに関しては不可能な為、気になるレンズのみ

さて、発売当初 世界一の明るさを誇った35mmレンズ
ズノー3.5cmの描写を、実際に見てみたかった

e0006135_2347773.jpg


e0006135_23482327.jpg
R-D1 ZUNOW 3.5cm f1.7 写真クリックで拡大

全て開放の描写 5cmに比べてクリアーな描写をする
滲みは少ないものの、四隅にズノー5cmの流れを感じる
今まで所有したレンズで(売り払ったレンズも含めて)この様な描写のレンズは 無い

現在こんなレンズを販売していたら、苦情の電話が殺到するだろう(レンズグルメは除く)

ネットや本でしか見たことの無かったレンズだが、手放せないレンズとなってしまった

e0006135_23595723.jpg

その著名な植物学者の顔  牧野富太郎博士


別の日の作例 ズノー5cmの流れを汲む描写
e0006135_071719.jpg
R-D1 ZUNOW 3.5cm f1.7 写真クリックで拡大

書を友とすべし  ここにある

最後の 十五 造物主あるを信ずるなかれ  これには、一部 賛同出来ない
by thejetmole | 2006-10-17 23:59 | Zunow 3.5cm f1.7 | Trackback | Comments(2)