アルビレオの 雑記帳

カテゴリ:Elmarit-R 28mm(1st.)( 3 )

すべての事に感謝しなさい

と、聖書にある


この日は、朝一番の砕氷観光船、おーろら号の予約もできていた

しかし、この日に泊る宿から電話が有った

「時化で波が高く、今日は欠航になりました」と

まだ風もあまり無く、出港出来るだろうと思っていた矢先の事


仕方なく、網走駅へ行ってみる事にした

観光案内所に行って、流氷の具合を聞いてみた

びっしり寄せていた流氷は、沖に去っているらしい

さて、どうするか、お昼まで4時間近くも有る

タクシー乗り場に行きながらも、予定が立たない

「行きたい所が一ヶ所有るけど、行ってみるか?」

「いいよ」

運転手さんに、「モヨロ貝塚へ行って下さい」と告げる

真冬のオホーツク海、流氷の海に暮らすと言えば、河口左岸の砂丘で暮らしたアイヌ以前のモヨロ人を連想してしまう

今回は、すっかり諦めていたのだが、早速向かった

会館前なので、誰も居ない

柵越しに見ていると、やって来たばかりの係の人が、柵を開けてくれた

e0006135_132653.jpg


質素な竪穴式住宅

「質素」現代の目で見ると、そう映るだろう 至極当然の事だろう、物質面からみて

でも、自分はそうは思わない

積まれた貝殻や魚や海獣の骨の層を見て、肥沃なオホーツクの海の恵み

山には、木の芽や実、熊や鹿

食べるに困らない日々の暮らし

困難な事も含め、日々すべての事に感謝しながら暮らしていたであろう人々

ここに来ると、ふと、自分も、そう有りたいものだと思う


さて、時間がたっぷり出来た

長男がやりたがっていた、釣りをしに網走湖へ向かってもらった

予定では、釣りは、翌日の朝、1時間弱の隙間の時間に、網走湖で行う予定だった

冬の網走湖は、「あったか網走」と言う催し会場があり、朝から夜まで楽しめる所だ


e0006135_542993.jpg


今回の旅で、長男に言ってある事は2つ 「流氷を見に行く」「ワカサギ釣りをする」 この2つだけ

あとは、マル秘事項なのだった

そのマル秘事項に、予定外に加わったのが、これ

e0006135_56365.jpg

「スノーモービルに乗る」、それも、後ろに乗るのでなく、自分で運転する

これ、前から、やってみたかったんだな ^^)

その上、ツーリングできるそうなので、早速申し込んだ

カメラバックは預けて、5D2に28mm一本だけ付けて乗る
e0006135_565786.jpg

まるで、砂糖菓子の様な、夢の様な世界を見ながら、アクセルを開けて行った

もっとじっくり撮りたかったのだが、走るのが楽しいのと、コースを周る時間の制約で、あまり撮れなかった^^);
by thejetmole | 2011-03-10 00:32 | Elmarit-R 28mm(1st.) | Trackback | Comments(4)

今日も


ホトホト、疲れた



e0006135_2321977.jpg



お出でてくれる方や、御覧になってくださる方の所へ行くのですが、コメントしたくても、なかなか余裕が有りません

そんな状況なので、しばらく、コメント欄は閉じています

無粋かもしれませんが、お許しください
by thejetmole | 2009-06-01 23:20 | Elmarit-R 28mm(1st.) | Trackback

鴻之舞鉱山 その3  銀色の道

道路脇に山に入って行く小道があった

何か気になる道だった

一般車両は入れない様になっていたので、下ろしてもらい歩いて行った

少し心細かったが、その先に何か有りそうな気がした

e0006135_0395174.jpg




道道沿いの看板に、「銀色の道」という歌碑が有ると書いていたのを思い出しながら、登って行った

銀色の道



その時は、ピンと来なかったが、検索してみると、聞いた事のある懐かしい歌だった






この歌に導かれて、ここに来たのかもしれないと、ふと思う
by thejetmole | 2009-05-26 00:25 | Elmarit-R 28mm(1st.) | Trackback | Comments(0)